マーケ初心者が広告の費用対効果を学ぶ

 

ROASとは

ROASとは、Return On Advertising Spendの略で、「かけた広告費に対しての売上を%で表した値」をさします。

計算式:ROAS(%)=広告経由の売上÷広告費×100

例えば、広告費に10万円かけ→50万円を売り上げた場合、ROASは500%となります。
このROASが高いほど、広告費用から得られた売上が、高いということになります。

一見高い倍率で利益を出しているように見えますが、この数値は利益ベースではなく、 あくまで費用と売上の対比ですので要注意です。

では、利益との換算はどのように行うのでしょうか。
この時に必要になるのが、ROI・CPAという数値です

ROIとは

ROIとは、Return on Investmentの略で、「かけた広告費に対しての利益を%で表した値」をさします。
計算式:ROI(%)=広告経由の売上÷利益×100

広告費に10万円かけ30万円の利益を設けた場合のROIは300%となります。
ROIが高いほどかけた費用に対して得られた利益が高い事がわかります。

ROASの数値が高くても、ROIが100%を下回っていると、費用対効果として芳しくない(費用を回収できていない)事になりますので注意が必要です。

CPAとは

CPAとは1CV(コンバージョン)にかけた費用を指します。

biyoh.hateblo.jp

 こちらの記事でも掲載させて頂いております。

具体例

具体例については次の記事に掲載させて頂こうと思います。m(・・)m