CPA/ROAS/ROIを使った計算

 

CPA/ROAS/ROIを使った計算

実際に、商品Aと商品Bを例として使い計算してみます。

商品 広告費 CV数 CPA 売上 ROAS 利益 ROI
商品A 5,000円 10 500円 40,000円 800% 20,000円 400%
商品B 10,000円 2 5,000円 100,000円 1,000% 80,000円 800%

 

ROASとは、Return On Advertising Spendの略で、「かけた広告費に対しての売上を%で表した値」をさします。

計算式:ROAS(%)=広告経由の売上÷広告費×100

商品A:40,000円÷5000円×100=800%
商品B:100,000円÷10,000円×100=1,000%

 
ROIとは、Return on Investmentの略で、「かけた広告費に対しての利益を%で表した値」をさします。
計算式:ROI(%)=広告経由の利益÷費用×100
商品A:20,000円÷5,000円×100=400%
商品B:80,000円÷10,000円×100=800%

CV数を見ると、商品Aがたくさん売りあがっており、また1件獲得費用であるCPAも低価格で抑えることができています。

しかし、利益ベースで計算すると商品Bのほうが回収率が良いことがわかります。
つまり、会社として費用をかけたい商品はBであると言えます。

上記は小さい数値で計算しましたが、実際の業務の中でも活用いただける計算方法ですので、少しでもお役立ていただければと思います!